IMG_7972

「テーマ」って何だろう?

 

こんにちは!Decolier BLOGGERの五十嵐です。

昨年のお話になってしまうのですが、
SWAROVSKI FALL/WINTER2018/2019展示会に行ってきました。

ご参加いただいていない方の為に、少しその様子をお伝えしつつ
今回のブログでは「テーマ」について考えてみたいと思います。

最後までお付き合いいただけますと幸いです^^

 


みなさんは作品を作る時にテーマを決めたり、イメージを持って創作にのぞむことはありませんか?
また、自分の作品について説明をする際に、テーマやイメージに添ってお話をすることはありませんか?

恐らくですが無意識にそう取り組んでいる方は多いかと思います。

SWAROVSKI の展示会では

◆トレンドのテーマ◆
「LIGHT AND SHADOW」
◆トレンドのテーマに対する4つのテーマ◆
「FUNTASIA」「NOSTALGIA」「ELEGANTIA」「URBANIA」

が掲げられていました。

 

 

「LIGHT AND SHADOW」
ひとつの社会の中でますます増加していく分断や二極化
それぞれの世界で影響を受ける人々の将来に対する展望

このトレンドのテーマに対し、4つのテーマがありました。

 

IMG_7974

【FUNTASIA ファンタジア】
弄放で大胆な色使いに明るさと寛容さのセンスを取り入れたムード
楽しさと軽さの感覚を日々の生活に取り戻す輝く人生

キーワード:遊び、奇抜、キダルト、創造性、喜び

 

 

IMG_7976

【NOSTALGIA ノスタルジア】
常時オンラインの状態に背を向け落ち着いた過去の中に目を向ける
緩やかなときの流れと静かな空気に漂う純粋さと真実

キーワード:哀愁、静穏、斬新、瞑想、物悲しさ

 

 

IMG_7977

【ELEGANTIA エレガンティア】
1920年代30代のかつてのヨーロッパの貴族文化
贅沢の中で新たに生まれた芸術や文化が作る世界観

キーワード:デカダン、祝祭、誘惑、過剰さ、アールデコ

 

 

IMG_7980

【URBANIA アルバニア】
直面している現実と真実に対応していこうとするリアリストの観点
リサイクルとサステイナビリティを意識した現実の風景

キーワード:本能、生き残り、リサイクル、原料、都市

 

「テーマ」と更に出てきた「キーワード」という言葉ですが、改めてその意味を問われてみると、なかなか上手く表現出来ないことに気付きます。
しかしその言葉を、日常的に使っているのが現実です。

改めてここでおさらいしてみたいと思います。

  • テーマとは・・・行動や創作などの基調となる考え。
  • キーワードとは・・・文章の理解や問題解決の手がかりとなる語。
  • イメージとは・・・心に思い浮かべる像や情景。ある物事についていだく全体的な感じ。

 

このようにしっかりとしたテーマが決定され、新作が発表されるSWAROVSKI。

自分の物づくりにも「テーマ」「イメージ」を明確に設定してきたか?また「キーワード」を拾って活かしてきただろうか?と振り返り、反省をしました。
そしてテーマに対して圧倒的な表現力のあるSWAROVSKIに改めて感動を覚えました。


 

個人的な感想ですが、”LIGHT AND SHADOW”のような対極がとても好きです。
本当に素晴らしい展示会でした。

作家活動をしていると、時々自分の進みたい方向に迷いが生じます。
トレンドにはもちろん注目すべきですが、そこに注力し過ぎて自分の志向や好みを見失ってしまうことがあります。

大事なのはテーマを的確に伝えること。
的確に伝えれば、その良さが正確に素敵に伝わるということ。

SWAROVSKIの展示会で、私が一番学び、感じとってきたことです。
自分の好きという想いに正直に、それをどうやって伝えていこうかということが、これからの私の課題となりました。

 

いかがでしたか^^

みなさんも今一度「テーマ」についてじっくり考える時間を作っていただけたらと思います。
そして今後の作品作りが今より一層豊かなものになることを願っています☆

 

次回も【decolier】ブログをどうぞよろしくお願い致します!!

 

Decolier BLOGGER 五十嵐

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>