top

お仕事Tips(1枚目に使う写真は?)

本日、会員様からこのようなご質問をいただきました。


ミンネの1枚目が画像が大事といいますが、1.スペック写真 2.部分写真3.イメージ写真のうち、1枚目に使うのはどれが良いのですか?


はい、おっしゃる通り、1枚目の画像はとてもとても大事です。

ネットショップのトップページや商品ページにたどり着いた時、まず目に止まるのは大きく扱われている写真です。そこで「センスがいい!」「すごくきれい!」「プレゼントに良さそう♪」「カワイイ♪」等々と感じてもらえれば、よりくわしく知りたい、と他のページを続けて見てくれるでしょう。

そうでなければ、他のショップへ移動するかもしれません。
とにかく、もっと見てみたい、知りたい、と思わせる写真を1枚目に使うほうがよいです。

その前に、スペック写真や部分写真って何?という方に、少し整理させていただきます。

商品写真には
作品のデザインや形、色などを正しく伝えるための「スペック(仕様)写真」ほか、細部のパーツ一つひとつにまでこだわった作りを伝えるための「部分写真」、そしてとりわけ重要な「イメージ写真」があります。

スペック写真はこのような写真です。
spec1 spec2

部分写真はこのような写真です。
bubun1 bubun2

 

一方、大事な大事なイメージ写真はこのような写真です。最初のツカミにはこのイメージ写真を使うのが効果的です。

image

ミンネなど沢山の作家さんの作品であふれるサイトの場合、
最初にイメージ写真⇒作品のデザインや形、色などを正しく伝えるための「スペック(仕様)写真」、細部のパーツ一つひとつにまでこだわった作りを伝えるための「部分写真」と続けて見せるのがよいでしょう。

イメージ写真って難しそうだな?と思ったあなたへ。

イメージ写真上達のポイントは
minneやCreemaといったC2Cマーケットに登録する1枚目の写真は拘って撮られていますので、
TOPページや特集ページでピックアップされている写真を参考にしてみるのが一番オススメです。

minne

右下の赤いベレー帽被っている女の子、気になりませんか?
なんだろう?可愛い!と思わせて、クリックしていただくのが上手いイメージ写真です。

さらに上達のポイントは
イメージ写真というと、きれいな写真、かっこいい写真を指すと思われがちです。しかし、きれい、かっこいいだけでは購入動機にはなりません。商品が持つ世界観(ストーリー)を表現するのが、イメージ写真の役割です。

その作品は、どんな人に似合うのか、誰にプレゼントすると喜ばれるか、どんな使い方がかっこいいか、あるいはどんな趣味の人におすすめなのか、といった世界観(ストーリー)を目に見える形で表現することが大切です。

例えば
party
大変ゴージャスかつシックなデコレーション時計だったので、パーティーといったフォーマルな場所で、大人で上品な女性が身に着けそうなシーンを連想させて撮りました。背景はサテン地のバックプリントペーパー、ワインを連想させるため100均で買ったグラスを持ちました。

 

そう考えていくと、イメージ写真は作品作りの前に関わってくるものともいえますね。どんな人にどんなシーンで使って欲しいか作品作りの前によくよく考えてみることがやはり重要です。

繰り返しになりますが、イメージ写真のポイントは

★お客さまを想定する。
→誰に売りたいかが明確なほどよい。
★そのお客さまに向けた演出をする。
★商品の魅力をよく伝えている。

となります。

では、今日はこの辺りで。
お読みいただきありがとうございました。皆さまのお役に立てればと
思っていますので、何かご質問があれば、デコリエまでお気軽にお寄せ下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>