02

【こんな記事を見つけました!】メディアアーティスト:浅井宣通さん

こんにちは!Decolier BLOGGERの五十嵐です。

GWも終わり、またいつもの日常に戻りました。
みなさんの生活リズムは少しずつ整ってきましたでしょうか?
お休みの疲れと、再び始まる新生活の緊張とで体調を崩し易くなると思いますので、気をつけたいですね!

今回は、私がいつかぜひともブログの記事にしたい!と思い温めてきた、メディアアーティストのお話になります。

最後までお付き合いいただけますと幸いです^^

 

※画像は全てお借りしています。


ある時ふと目にした紙面にこう書いてあり、思わず惹きつけられてしまいました。

『常識を疑うことから 自分を作り直そう』

これはメディアアーティスト【浅井宣通】さんの言葉でした。

asai_WS
あさい・のぶみち
1968年生まれ。東北大学理学部卒。メディアアーティスト。グラミー賞でのレディー・ガガとのコラボレーション、Aya Bambiとのフェイスマッピング作品INORI(Prayer)、Connected Colors、OMOTE、FACE HACKINGなどフェイスマッピングを中心とした作品で世界的に知られる。ルーブル美術館、モスクワのCircle of Lightなど世界各地のアートフェスティバルにおいてスピーカー、審査員としても活躍。文化庁メディア芸術祭、VFXAWARD、アルスエレクトロニカなど受賞多数。

※「プロジェクションマッピング」とは、プロジェクターでさまざまな物体や空間に映像を投影し、斬新な視覚効果を作る技術。

 

2年前のグラミー賞授賞式での歌手レディー・ガガのライブでは、レディー・ガガの顔にリスペクトするデヴィッド・ボウイの「顔」が投影され、最先端のテクノロジーを駆使した顔のプロジェクションマッピングと音楽が融合し、大きな反響を広げたそうです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私はこの紙面を拝見するまで知りませんでした。

心に響いたインタビューを、一部ですが抜粋させていただきます。

 

—浅井さんは周りから「変わっている」と言われることが多いそうですね。

何も考えず常識に従って行動している人は、常識と違うことを「おかしい」と思います。でも本質的に見れば、「常識のほうがおかしいのでは?」ということは、いっぱいあります。

—今いる場所の常識が、一歩外に出ると非常識の場合だってありますよね。

だから、これから世界中の人とつながって生きていく若い世代の方には「(既存)価値観を疑え」と伝えたいですね。注意深く世の中を見ていくと、いろいろな価値観の転倒に気付きます。

—「疑う」ことは何だか悪いのでは・・・。そんな若者もいるのではないでしょうか。

知ってほしいのは、自分が信じている「自分の考え」というものは、生い立ちやメディアの影響によって受動的に作られたものである可能性が高いということです。「自分を信じる」と言いながら、それが本当に信じるに足りるものであるかは疑ってみる必要があります。その意味でもアートに触れることは大切です。人は感動した時に自分の価値観が揺さぶられ、変革が始まります。

 

私もデコラティブアーティストとしてデコ活動をしています。
”アーティスト”と名乗ることが無ければ、もしかしたら見過ごしてしまったかもしれない浅井さんの記事でした。

あくまで私の考え方ではありますが、作品を作る時に「既存のもの」に頼る部分と「新しいもの」を生み出そうというといった2つの想いが交錯します。
どうしても「既存」に頼りたくなってしまうのは、浅井さんのインタビューにもあったように、どこか【常識】を意識しているのではないかと思いました。

でも本当は自分の中から新しいものを生み出していきたい想いがあります。

『常識を疑うことから 自分を作り直そう』

アーティスト活動を続けるにあたり、この言葉を聞くと、自分が描きたい方向性が間違っていないように思えるのではないかなと。
そんな風に思ってもいいんじゃないかと、背中を押してくれる感じがするのです。。。

【便利】さを追求する場合は常識を無視出来ませんが、【アート】にはそもそも常識や答えが無いようにも思います。
だからこそ難しいのですが、その難しさも楽しんでしまえるようなメンタルがバキバキに強いアーティストになりたいですね(笑)

改めて、私ももっと【アート】に触れて、自分の価値観を磨いて行きたいとも痛感しました。

世界的にご活躍されていらっしゃる方のお話ですので、きっとみなさんにとっても「ヒント」になるところがあるのではないかなと思いました^^


 

いかがでしたか^^

 

インタビューにつきましてはほんの一部になりますので、ご興味ある方はぜひご自身でもお調べいただけますと幸いです!

 

次回も【decolier】ブログをどうぞよろしくお願い致します^^

 

Decolier BLOGGER 五十嵐

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>