スマホ

お仕事Tips(スマホ撮影基本編① 立体の形を印象よく写す)

いい写真を撮るためには、いいカメラが必要、と思う人は多いはずです。
画素数が多ければきれいに撮れると思い込んでいる人も少なくありませんし、
一眼レフがないとやっぱり…という方も多いはずです。

しかしプロが使っているような一眼レフを使っているからといって、それだけできれいな写真が撮れるわけでもありません。

試しに、スマホと一眼レフで撮り比べてみました。
まずは一眼レフから。

一眼レフ

一眼レフ②

一眼レフまかせで撮影しました。フラッシュが光ったために素人っぽい陰影です。下地の布や器の並び方も投げやりに感じられます。

今度はスマホです。
スマホ

スマホ②

画面を見ながら、商品の配置を調整し、スマホで撮影しました。

上の作例を比べると、スマホで撮った方がきれいだなと思いませんか?
丁寧にセッティングしてスマホで撮るほうが一眼レフで雑に撮るよりきれいです。

つまり、大切なのは、カメラよりも撮り方なのです。


そこで、何回かに分けでスマホで商品写真を撮るための基本の基本をお伝えしていきたいと思います。

●よくやってしまう失敗●
近づいて写すと、下すぼまりで、背景が不足する

ほとんどの人は、被写体に近づいて撮影しがちです。
近写
これが原因で、手前が大きく、奥が小さく写り、歪んだように写り、背景に余分な物が写りがちです。
下すぼまり

近づいて、画面に被写体の全体を収めるためには、ズームを「広角」にして、広い範囲を写さなければならないためです。

回避するためのポイント①
被写体から離れると形がきれいに写る

スマホの角度はそのまま、被写体から離れて写してみましょう。
遠写
被写体は小さくなりますが、被写体の形はきれいに写るようになります。
形はキレイに

 

回避するためのポイント②

被写体とカメラの間隔はそのまま、ズームを「望遠」にすれば、被写体を大きく写せます。
ゾーム

こうすると、被写体が下すぼまりになることもなく形をきれいに写せ、背景にも余分な物が写らないようになります。これが、商品撮影の基本です。

お役立ちアイテムのご紹介
スマホ用望遠(テレ)アダプター

スマホのレンズの限界を補ってくれるのが、アダプターです。
簡単な装着で、遠くの物を大きく写せるようになります。

テレアダプター

スマホ用望遠(テレ)アダプターの例。
装着するだけで、遠くの物を一回り大きく写せます。
テレアダプター作例
アダプターを付けてさらに離れて写すことで、下すぼまりがさらに軽減され、縦の線が平行に写りました。


 

いかがでしたでしょうか?

商品写真グッズは想像以上の方にお買い求めいただきましたので、スマホ撮影の便利グッズもデコリエで取扱いを始めていきます。

これから不定期でスマホ撮影の基本の基本をお届けさせていただきます。

それではまた次回に。

chrismas

お仕事Tips(季節感を取り入れて売上アップを!)

先日大盛り上がりのハロウィンが終わったところですが、
お店のディスプレイはすでにクリスマスモードですね!

下記はグーグルで「スワロフスキー」と検索された回数をグラフ化したものですが、

sw

やっぱり12月は検索ボリュームがダントツ高いですね!

これからの季節はぜひクリスマスを中心に商品をPRしていくことをオススメいたします。

ところで、この季節感をうまく取り入れていくことで反応はずいぶんと変わってきます。
そこで、五感を取り入れるポイントと季節感を取り入れる便利グッズをご紹介いたします。

●五感に訴える商品コピーを

人は五感に触れると購買意欲が増すと言われています。

単純なペンや石鹸でも「五感」に触れられるように擬人化したりして、「見た目」「触りごこち」「におい」などを表現すると、商品名・商品コード・成分・金額だけの表示より購入意欲が増して売れたりします。
よく石鹸でも「モッチモチの肌に」とかいうコピー、
「とろーりプリン」とかいう商品名やキャッチコピーよく見かけますよね?

●季節感のある商品と見せ方を

季節はもっともスタンダードな「五感」なので、利用することでお客様の反応増につながります。
今でしたらクリスマスですが、
クリスマス終わったら
・お正月、
・成人の日、
・バレンタインデー、
・母の日、
・父の日、
・ハロウィン、
季節のイベントを上げていくと、デコレーション作品のバリエーションや訴求方法は年間通じて尽きないネタがあります!
そこで、オススメなものをご紹介いたします。
これは便利〜。販促カレンダー。

calender

カラーミーショップさんが販促カレンダーと題して1年間のイベントが書かれたカレンダーをPDFに無料配布しております。
意外にもイベントを考える際にネタを考えたり、今年の秋は何をしようかとか考えるときにすごく使えます!そんな時にこんな俯瞰してみれるイベントカレンダーです。カラーミーさんありがとうございます!

ECサイトやリアル店舗だけではなく、デコラティブアーティストさんには重宝する内容です。

ぜひともダウンロードしてみて、季節感のあるデコレーションに挑戦してみてください!

参照:《カレンダー無料配布》お客さんの心をつかむ販促

季節感のあるデコレーション作品をPRする時には

商品名に
「母の日のプレゼントに〇〇〇〇〇〇」
とか
「お母さんにいつまでも可愛らしくいてほしいから〇〇〇〇」
とか
商品名にも連想させるキャッチコピーを入れると尚よいですよ。

もし余裕があれば、「〇月〇日までにご注文の方にはメッセージカードを添えます」とかちょっとしたことでも限定感があると訴求力は増しますし、お客様に喜ばれますよ。

あと、商品写真の時には
プレゼントだと一目で分かるようにギフトボックスに入っているようなイメージ写真を添えるとか、
gift
季節感のあるお花(今だったら紅葉とか)を入れると、
尚反応がよいですからね!
aki

 

いかがでしたでしょうか?
ぜひ季節感を上手に取り入れて、お客様の反応アップを勝ち取ってください!
本日は以上となります。皆さまの少しでもお役にたてれば幸いです。

 

マーケ

お仕事Tips(あなたのお店は世の中の誰にとって必要なショップですか?)

マーケティングというと、ポジショニングとかSWOT分析とか小難しい理屈や専門用語がたくさんありますが…
今日はシンプルでとても大事に考えてみたいことをご紹介いたします。
それは「あなたのお店は世の中の誰にとって必要なショップですか?」
「他にお店があるのにどうしてわざわざあなたのショップで購入するのですか?」ということ。

これはターゲティングからポジショニング、顧客提供価値を設計するために必要なことですが、とても重要なクエスチョンです。
「だれでも」は結局「だれにも」伝わらないのですよね・・・。

一般的にはターゲティングをするためにはできるだけ細かく設定するとよいと言われています。
ペルソナと言われますが、象徴的なお客様を設定していきます。

・性別・年齢は?
・住まい(住所、居住形態)は?
・家族構成は?
・職業・所得は?
・好きなブランドは?
・車は?
・購読雑誌は?
・趣味は?
・ライフスタイルは?
・・・

企業は商品づくりや販売価格やサイトのデザインやブログのメッセージなど、そのペルソナを想定して、すべて一環してやっていくわけです。

個人だとなかなかここまではできないので、1つのオススメとして下記の事例をご紹介いたします。

私の知り合いは、"自分”をペルソナと決めていらっしゃいまして、
商品や販売価格やサイトのデザインなどすべて私が気に入るかどうか?を判断基準にしてしました。

デコレーション好きな方は、キラキラしたものが好きでおそらくそういう商品を購入することも好きだと思いますので、自分をペルソナにしてみるというのもすごくよいと思います。

デザインがなかなか浮かばないという時はペルソナが読んでいる雑誌を参考にしてみたり、流行を押さえていくための情報収集もペルソナが見ているドラマやブログを意識的に見たりするとよいと言われていますので、自分=ペルソナでしたら、普段の生活がそのまま仕事につながるわけです。

気をつけたほうがよいのは、自分を客観的に分析してみることです。何となくじゃなくて、私はなぜこのファッションが気に入ったのか?なぜこのドラマを見たいのか???などなど。
きっとデコレーションの土台や、デザインイメージが浮かんでくるはずです。

そして大事なのは、ターゲティングしたペルソナへの一貫性ですので、意識して継続することで、結果的に独自性が強くなっていきます。


デコリエはペルソナは何となくありますが(笑)、
最近一番大事にしていこうと思っているのは、
誰のためのお店か?ということです。

世の中には貴和製作所さんやパーツクラブさんといった大きなショップさんがあります。そのお店があるのにどうしてデコリエは必要になるんでしょうか?

恥ずかしながら、そのような疑問を持っていた折、会員さんから以下のようなお言葉をいただきました。

===================================================
皆様がよく利用されているであろう、貴和製作所さんや、パーツクラブさんとは違うショップであってほしいです。フラットバックストーンや、小さなチャトンだけでなく、ビジューの種類も、カラーも出来るならばもっと増やしてほしいです。ビジューは大きいものになると1個売りが多いのですが、グロスパックで仕入れるのはとても量も多く、金額もするので、個人で仕入れるのにはかなり負担になります。2個売り、5個売りなど、割安に仕入れられると嬉しいです。デコ土台も、今後更に種類が増えていってほしいと期待しています。デコリエオリジナルの土台などあると良いと思います。
===================================================

デコリエは自分で作って自分で楽しむ趣味の方ではなくて、ネットショップで販売したり、だれかにプレゼントしたりするアーティスト・作家思考の高い方のためのお店であるべきとガツーンと言われた訳です。

大変ありがたいお言葉で、デコリエが世の中に必要な1つの意義を感じさせていただきました。
その日から、会員さんからのご要望が宝のように感じられました。

・ビジューは増やしました。小分けの入数を増やしました。
・クリスタルパールも増やしました。小分けの入数を増やしました。
今後はもっと色を増やしていきます。
・ネットショップは商品写真が大事だから、撮影グッズを増やしました。
・ネットショップはラッピングが大事だから、ラッピング用品これから増や していきます。
・小ぶりのアクセアサリーを作りたいので、PP6以下のサイズを増やして ほしい⇒はい、分かりました。これから増やしていきます。

などなど・・・。

冒頭で少し小難しいことをお伝えしてしまいましたが、本日お伝えしたかったことは、
何をしたらよいのか分からなければ、その答えはお客様に聞くのが早い、もしかしたらその答えはあなた自身がすでに持っているかもしれないということです。

お客様との会話にはいろいろ学ばせていただくことが本当に多いですね。私も日々勉強中です。