top

お仕事Tips(1枚目に使う写真は?)

本日、会員様からこのようなご質問をいただきました。


ミンネの1枚目が画像が大事といいますが、1.スペック写真 2.部分写真3.イメージ写真のうち、1枚目に使うのはどれが良いのですか?


はい、おっしゃる通り、1枚目の画像はとてもとても大事です。

ネットショップのトップページや商品ページにたどり着いた時、まず目に止まるのは大きく扱われている写真です。そこで「センスがいい!」「すごくきれい!」「プレゼントに良さそう♪」「カワイイ♪」等々と感じてもらえれば、よりくわしく知りたい、と他のページを続けて見てくれるでしょう。

そうでなければ、他のショップへ移動するかもしれません。
とにかく、もっと見てみたい、知りたい、と思わせる写真を1枚目に使うほうがよいです。

その前に、スペック写真や部分写真って何?という方に、少し整理させていただきます。

商品写真には
作品のデザインや形、色などを正しく伝えるための「スペック(仕様)写真」ほか、細部のパーツ一つひとつにまでこだわった作りを伝えるための「部分写真」、そしてとりわけ重要な「イメージ写真」があります。

スペック写真はこのような写真です。
spec1 spec2

部分写真はこのような写真です。
bubun1 bubun2

 

一方、大事な大事なイメージ写真はこのような写真です。最初のツカミにはこのイメージ写真を使うのが効果的です。

image

ミンネなど沢山の作家さんの作品であふれるサイトの場合、
最初にイメージ写真⇒作品のデザインや形、色などを正しく伝えるための「スペック(仕様)写真」、細部のパーツ一つひとつにまでこだわった作りを伝えるための「部分写真」と続けて見せるのがよいでしょう。

イメージ写真って難しそうだな?と思ったあなたへ。

イメージ写真上達のポイントは
minneやCreemaといったC2Cマーケットに登録する1枚目の写真は拘って撮られていますので、
TOPページや特集ページでピックアップされている写真を参考にしてみるのが一番オススメです。

minne

右下の赤いベレー帽被っている女の子、気になりませんか?
なんだろう?可愛い!と思わせて、クリックしていただくのが上手いイメージ写真です。

さらに上達のポイントは
イメージ写真というと、きれいな写真、かっこいい写真を指すと思われがちです。しかし、きれい、かっこいいだけでは購入動機にはなりません。商品が持つ世界観(ストーリー)を表現するのが、イメージ写真の役割です。

その作品は、どんな人に似合うのか、誰にプレゼントすると喜ばれるか、どんな使い方がかっこいいか、あるいはどんな趣味の人におすすめなのか、といった世界観(ストーリー)を目に見える形で表現することが大切です。

例えば
party
大変ゴージャスかつシックなデコレーション時計だったので、パーティーといったフォーマルな場所で、大人で上品な女性が身に着けそうなシーンを連想させて撮りました。背景はサテン地のバックプリントペーパー、ワインを連想させるため100均で買ったグラスを持ちました。

 

そう考えていくと、イメージ写真は作品作りの前に関わってくるものともいえますね。どんな人にどんなシーンで使って欲しいか作品作りの前によくよく考えてみることがやはり重要です。

繰り返しになりますが、イメージ写真のポイントは

★お客さまを想定する。
→誰に売りたいかが明確なほどよい。
★そのお客さまに向けた演出をする。
★商品の魅力をよく伝えている。

となります。

では、今日はこの辺りで。
お読みいただきありがとうございました。皆さまのお役に立てればと
思っていますので、何かご質問があれば、デコリエまでお気軽にお寄せ下さいね。

 

IMG_0337

デコリエ課外活動(スワロフスキー展示会 2016/17fall/winter)

スワロフスキーの秋冬の新色・新製品展示会にご招待いただきましたので、先日行ってきました。

IMG_0337
場所は原宿のラフォーレ!
で、おそらく20年ぶりにラフォーレ行ってきました・・・。
(知っているお店が少なかったです><)

スワロフスキーでは、ヨーロッパのトレンドエージェントに協力してもらい
かなり本格的な流行色の発表が毎年あります。

テーマが4つほどにまとめられています。

これがなかなか興味深く、会員さんの参考になればと思い、
アップさせていただきます。


1つ目は「Classic」。
Protectors of Equaility(平等を守る者)というタイトルが付けられています。

性差別をなくす気運の高まりはユニセックスのイメージをさらに強くし
男性にも女性にもアピールでする構築的なエレメントとなるそうです。(分かるような分からないような表現ですが)

キーワードは強さ、粘り強さ、ユニセックス、激しさ、構造的。

色は紫が多いですね。

こんな感じです。

IMG_0348

E

スーツとかメンズライクなファッションもますます増えていくそうです。

2つ目は「Romantic」。
Saviors ob the Planet(地球の救世主)というタイトルが付けられています。

地球へのダメージに対する抗議としてサステナビリティ(持続可能という意味)が叫ばれる中、耐久性のあるファッションを通してあらわされる自然保護や自然還元だそうです。

キーワードはエコ・ウォリアー、サステナビリティ、サバイバル、保護、ナチュラル。

これは、アンチスローファッションですね。
使い捨てではなくて、良いものを長く大事にしようという発想だと思います。

色は自然をイメージさせるグリーン系、土を連想させるブラウン系ということです。
こんな感じです。

IMG_0350

Saviors

迷彩柄ってよく見かけますが、あれは戦闘服っていうイメージでなく(もちろんですよね・・・)、自然をイメージさせる色合いだからトレンドになっているそうです。

3つ目は「Progressive」。
Explorers of The Future(未来の探検家)というタイトルが付けられています。

新たな世界の探求と宇宙での夢の性格を実現したいという欲求で、
宇宙を旅し、そこに移住したいという欲求を背景に融合するSFとスポーツの要素だそうです。

キーワードは侵入、テクノロジー、ロボティック、SF、宇宙。

色は宇宙的な?メタリックカラーということです。
こんな感じです。

Explorers

A

ヘルメットみたなものとかかなりトンガっているファッションが多かったです。

4つ目は「Glamour」。
Guardians of The Past(過去の守護者)というタイトルが付けられています。

過去と強い結びつきを持つ古来の手工業の技術で、
言動的でありながらも最高にモダンなディテールは、過去の美を堅持するための指標だそうです。
キーワードは手作業、責任、複雑さ、豪華さ、装飾。

とても上品なロイヤルカラーや、パールの色合いということです。

こんな感じです。

Guardians

G

いまはイギリスがまた流行り出していますが、イギリスでは自分が着たスーツを子どもに仕立て直したりと物を大事に長く使う文化があります。
こういうことを考えると、イギリスが再注目されている理由も分かりますね。


流行色って、なかなか興味深いです。

単純な流行り廃りや、色だけの話ではなくて、
根っこにあるのは、一見ファッションとは全然関係ない、社会や経済・文化、技術革新といった時代の変化なんですよね。

火星に人類が行く未来も想像できるようになってきたとか、
ファーストファッションの台頭でもっと長く大事に服を着るようになってくるとか、
そういう目線で流行色やファッションを考えると、なるほどな~と興味深かったです。

ファッションも時代の空気なんですね。
お客様には、「こんな時代背景がありこれからこんなトレンド予測なんですよ」と裏話的にお伝えしつつ、商品を提案すると、反応が変わってくるかもしれません。

では、またの課外活動報告まで。

unnamed

デコラティブアーティスト インタビュー(CASE⑤:SAYAさん)

クリスタルデコレーション大賞 雑貨・ケース部門賞を見事獲得されたSAYAさん。
11910081_726392530826526_132099465_n

 

和柄とデコという一見かけ離れたテーマを見事合体させた作品でしたが、SAYAさん実はお仕事ではネイリストとクリスタルデコラティブアーティストという2つを両立されています。

今回、以前ネイルでも関わりあったご縁でインタビューをさせていただきました。

ネイルとの関係性や、お仕事をする上でのヒント満載となっていますので、ぜひご覧になってお役立ていただければと思います。


 店長:
まずは部門賞おめでとうございます!
後から ネイルで関わりがあったSAYAさんだと分かって、ご縁を感じました。

SAYAさん:
ありがとうございました!
賞をいただけるとは思っていなかったので本当に嬉しかったです!
ネイルのおうちサロンMAPではお世話になりました。

覚えていただいていたなんて嬉しいです!

店長:
ネイルとデコレーションを同時にされているのがSAYAさんの特徴だと
思いますが、ネイルとデコの関連性について教えていただけますか?

SAYAさん:
流行はネイルでもデコでも関連しているかもしれません。
デコは長く持っていただけるので、定番デザインのオーダーの方が多いですが、スマホケースなど、消耗品に近いものは流行と連鎖していると思います。
相互リピートもあるのですが、特別なオーダーを同時に頂けることがあります!
例えば、ウエディングネイルとそのネイルに合ったウエルカムボード。
成人式の振袖に合わせたネイルと、それに合うアクセサリーなど。
好きなタレントさんのイメージカラーのデコと、ライブ用のネイルチップなどもあります!
11372169_1469473123367742_1541372416_n

店長:
直接知り合いのオーダーが中心ということですが、知人からオーダー を取る際、はじめはどのような工夫をしていたのでしょうか?

SAYAさん:
始めた時はまだ学生だったので、自分自身がデコしたものを持っていたら友達から頼まれるようになった感じでした。
その頃は材料費だけでやっていましたし、スワロフスキーだけでなく、
他のガラスストーンも使用して価格を下げていました。
あとは、致命傷でもあるとは思うのですが、グイグイ宣伝するのは苦手で(苦笑)
なので、まずは自らデコしたものを愛用して、自分自身が広告となることと、知り合いの誕生日プレゼントやちょっとしたお返しなどに自分でデコしたものや、アクセサリーを渡して、こういうことしてますとアピールをしました(笑)

デコレーションだとどうしても高価になるので、手頃にスワロフスキーの輝きを実感してもらえるように、最近ではアクセサリーを始められたというSAYAさん。

12071118_1028129043905264_615673712_n
12107455_1607776212817244_451592585_n

店長:

アクセサリーの反応は今までと比べてどうでしょうか?

SAYAさん:
実際、アクセサリーのオーダーの方が今は多くなっているのが現状です。通常のデコに比べて、価格がぐっと下がることがやはり大きいのかなぁとは思います。
デコはプレゼントに、アクセサリーは自身の物として、といった傾向が目立ちます。
また、デコはリピーターさんのオーダーは不定期ですが、アクセサリーは、シーズン毎に新しいオーダーを受けることも多いです!

SAYAさんの作品で特にすごと感じたのは、ラッピングまで拘っているということ。
そこで、どんな拘りをもっていらっしゃるのかヒアリングしてみました。

unnamed
unnamed (1)

店長:
梱包やラップングなどは常に最善の方法を探していらっしゃるということですが、何か気をつけていらっしゃることがあれば教えて下さい。

SAYAさん:
ラッピングは台紙を数種類用意しています。
デコの場合は、台紙が隠れることが多いので、ロゴだけであったり、
台紙にではなく、外にタグを付けるなどしています。
アクセサリーは基本は可愛いデザイン物にしているのですが、スワロフスキージルコニアを使った少しランクアップしたものはロゴだけにしています。 和物の時用に漢字パターンもあります!

また、プレゼントでなくても、リボンをかけるようにしています。
プレゼントの場合は、和柄のパターンや、千代紙などで、おのしをかけた様な雰囲気にしています。
これは、どちらも通常のリボンではなく、麻ひもを使用しているのですが、縁結びの意味も込めて、【赤い糸】のイメージで感謝を込めてかけさせて頂いています。
色は小物の色に合わせて替えるので、赤だけではないのですが(笑)

店長:
ラッピングや梱包もそうですが、写真もキレイですね!

SAYAさん:
商品写真を撮るのも、アイテムによって雰囲気が変わるので、毎回勉強です。
デコもアクセもキラキラしているものなので、実際に見たときと写真では
イメージが違うことが多いと思うので、出来る限り実際に近く見えることに気をつけています。

店長:
デコリエに対して何かご要望あれば教えていただけませんか?

SAYAさん:
スワロフスキーパールの種類が増えればよいな・・・
スワロフスキーパールは#5818の片穴シリーズがあれば嬉しいです。
大きめパールが流行っていることもあるので、6~10mmの少し大きめが欲しいです!

店長:
分かりました。ご要望に応じてパールのお取扱いを始めますね!
今日はお忙しい中ありがとうございました!


ENISI

本日のゲスト
クリスタルデコラティブアーティスト。
ときどきネイリスト
sayaさん
でした。

今後も、オーダーで一点物を作ることを大切にしたいそうです。
ご自身のものだけでなく、大切な人にプレゼントしたいと思っていただけるような、ENisIと言う名前の通り、縁を結んでいける作品を作っていきたいという想いをお聞かせいただきました。

ENisI-en is love-
http://enisideco.wp.xdomain.jp/

完成

お仕事Tips(LED撮影用面光源(ソフトライト+専用台) briller-ブリエ-)

ブログで商品写真撮影についての記事を上げたところ多くの方からご注文いただきましたので、
LED撮影用面光源(ソフトライト+専用台) briller-ブリエ-
について記しておきたいと思います。

実はこれはもともとはデザインやイラストを転写(トレース)使うための
照明器具として使われているものです。

キレイな面光源になっていますので、アクセサリーやジュエリーの 照明に使えば簡単にキレイな写真が撮影できるということで、 カメラマンの久門易さんと進行社の伊藤さんとで共同開発した オリジナル照明です。(よそでは売っていません)

使い方をご紹介。

■まずは、トレーサーを立てて照明します。

tracer

トレーサーを立てるだけで、窓際で撮影したかのような印象の写真になります。この例では、逆光のように照明していますが、横か ら光を当てるのもよい方法です。

トレーサーを立ててbegfore
天井の蛍光灯で撮影。陰影に乏しく、キラキ
ラ感もいま一つです。

トレーサーを奥に立ててみると、カット面に光が反射して、キラキラ
がキレイに見えます。手前に影が落ちて、立体感もよく見えます。
トレーサーを立ててafter

専用の台がついているので、一番キレイに見えるように角度調整ができれるのが利点です。
角度は3つから選ぶことができます。

角度

■トレーサーの上に作品を置いてみる

宝飾品店で時々見かける照明方法です。白い光の台の上に透 明感のあるジュエリーを置きます。作品の下から光が当たる ため、透明感が非常にキレイに表現できます。

トレーサーをOFFにして、天井の蛍光灯で撮影し ました。
普通の印象です。
トレーサーの上にbefore

天井の蛍光灯は点灯したまま、トレーサーをONにしました。下 からの光が、透明度を強調します。天井の蛍光灯でなく、卓上ラ ンプを使えば、キラキラ感をさらに強調することもできます。

トレーサーの上にafter

 

■トレーサーを手で持って照明してみる

トレーサーの位置を自由に動かすことで、キラキラの位置を動かすことができ、さらに美しく表現できます。

天井の蛍光灯で撮影しました。
反射や立体感がいま一つです。
トレーサーを手でbefore

反射がもっともキレイに見える位置で撮影することで、
キラキラ感をさらに強調できました。
トレーサーを手でafter

片手で持ち続けるのはちょっとたいへんですので、角度を90%にしてどこかに立てかけて設置すれば上から簡単に照明させることもできます。

 


ちなみにこの照明キット 色温度と演色性についても 優れているので、少しだけご紹介。

■色温度

色温度の値が大きいほど青く見え、低いほど赤く見えます。
単位はk(ケルビン)。
物体(黒体)は温度を上げていくと光を放ち、赤→黄→白→青へと変化します。
この変化を利用して温度で光の色を表現したものが色温度です。
色温度

左から
色温度5000kのランプ
色温度7000kのランプ

安い撮影用のライトボックスはこの値が高く、青みがかって見えるので、購入する時にはご注意を。

ブリエは5000kのランプとなっておりますので、 青っぽくは見えずに撮ることができます。

■演色性

演色性は、色の見え方を表し、演色評価数で表されます。平均演色評価数は規定された8種類の色の 基準光を100としてどれだけ色を忠実に再現しているかを割合で表した各数値の平均値です。単位はRaです。

たとえば、規定された8種類の色の基準光のうち、赤色の演色評価数が低いランプでは、赤がくすん で見える場合があります。

演色性
左から
平均演色評価数Ra95のランプ
赤色の演色評価数が低いランプ

この照明キットはRa80なので、赤もくすまずに撮ることができます。

ちょっと小難しいことを書いてしまい、申し訳ありませんでした。
スーパーのマグロが赤々しく新鮮に見えるように、売り場ではこの色温度と演色性はすごく大事にされているそうです。

照明って奥が深いです。


ブリエご紹介動画はコチラ
では、また次回に。

 

ガム

お仕事Tips(知らない人にも、直観で伝わる見せ方)

作品の作り手や販売している人にとって、その作品がどんな目的に使われるのかは「当たり前すぎる」知識です。

しかし、ネットショップを訪れるお客さまの中には、それが何なのかすら知らない人が少なくありません。写真を上手く使えば、そうした初めてのお客さまにも、それが何で、どのように使えばよいのかを一目で伝え、購買意欲を高めることができます。

自分ではなく、見るお客様に視点を変えることが重要なポイントです。

具体的に見ていきましょう。

これはガムケースです。
棒

写真はキレイですが、
作り手は分かったとしても、買い手には伝わりにくいです。
知らない人が見たら、ただの箱にしか見えません。
何に使うのか? 全くわかりません。

作り手は得てしてこういう写真を撮ってしまいます。

これがガムケースであることをどう写真で伝えるか?
ガムの清涼感まで写真で伝えてイメージさせるのが、
商品写真撮影の重要なポイントです。

この作例では、ガムを入れるケースであることが一瞬で伝わると思いませんか?

ガム

 

その際には、説明的になり過ぎないように注意します。

慣れないうちは、つい全体を写したり、キレイに並べて説明しようとしがちです。正直に丁寧に見せようとすればするほど、おしゃれには見えなくなります。見せすぎないこと、正直になりすぎないことを心がけます。

例えば
全部を見せてしまうと、なんとなく面白みに欠けます。

全体を見せると

作品自体も小さく写ってしまい、損な見せ方になります。
きちんと並べると、標本みたいで、おしゃれに見えません。

きちんと見せると

斜めに置くことを基本にします。
ナナメ

その他のポイント

おしゃれに使っている様子を写す

実物を知らない人が見た時に、パッと見て、それが何か?がセンスよく伝われば、じっくり細部まで見てもらえます。
このためには、その物自体が、センスよく、おしゃれに使われているような「様子」を作って写します。

ホテルの旅先を考えてみる

ボールペンを使う場面は? と考えて、旅先から手紙を書く
シーンを作ってみました。

ホテルの旅先

ホテルの机でポストカードに何を書こうか…。
そんな物語まで想像させます。

 比較物があると、サイズ感が伝わります

写真は、拡大縮小が自由にできますから、実物の大きさを正しく知ることができません。何センチと書かれても、なかなかイメージしにくいものです。
しかし、画面の中に誰もが知っている物が比較対象として写っているだけで、そのサイズ感がなんとなく伝わります。

ポーチを置きました。

ポーチを置いてみる

ポーチにもいろいろなサイズがありますが、それでも、なんとな
くクリップのサイズが想像できるような気になります。

ポーチ

使い方、大きさ、着用時の印象など、商品ごとに説明すべき事柄は異なりますので、1作品ごとに自分の頭で考えていく必要があります。
見る人や商品の特性を考えて、ぜひ楽しみながら撮影していきましょう。

では、また次回。