【New item!】フォトジェニック背景シート 3枚セット(ホワイト系・グレー系)

こんにちは!
Decolier スタッフの五十嵐です。

9月になりましたね!
まだまだ暑い日が続いていますが、みなさまお元気でいらっしゃいますでしょうか^^

大人になると「2学期スタート!」のような節目が無いので、
これといって何の代わり映えも無く。。更に今年は子供の学校行事も全て中止となってしまった為に
一層季節感を味わうことなく、日々を過ごしていくことになりそうです。

それでも、これまで物作りをしてきて、自ら季節を意識するようになりました。
アイデアの中で、季節感ってとても大事なように思います。
「季節限定」って聞くと、ちょっと特別感がありますし、そそられますよね!
秋→冬に向けて、イベントが増えていきますので、今年はあまりお出掛けが出来なくても
作品にその想いを活かして、楽しんでいけたらいいですね♪

 

さて、本日のデコリエブログでは、「フォトジェニック背景シート 3枚セット(ホワイト系・グレー系)」をご紹介いたします。
最後までお付き合いいただけますと幸いです^^

 

☆☆☆☆☆CHECK☆☆☆☆☆
フォトジェニック背景シート 3枚セット(ホワイト系・グレー系)

 

ハンドメイド商品を販売される方や、Instagramでご自身の趣味のお作品等をご紹介される方も増えた今日、このような”背景シート”も良い写真を撮るためのアイテムとして活用されています。

身近なところでいうと、やはりInstagramなんでしょうかね~。
「この人の作品素敵!」と思う方の投稿は、作品そのものがもちろん魅力的ですが、アップをしている写真が素敵!だということが共通していることが大変に多いです。

今回はこちらを用いて、どれだけお写真の雰囲気が変わるのか?を、私が自宅でスマホ(iPhone)で撮影をしてみたいと思います!
私自身、写真の知識がほとんど無いので、かなり実験的な感じです(笑)

今回はグレー系をセレクトしてみましたー!


(グレー系 3枚セット)

↓↓

 

私も作品紹介の為に、制作物を撮影することが良くあります。
私が意識していたのは、あえて背景は「同じ」で撮ることでした。
でもそれって、形式的なショップで使用する商品撮影では必要なことだと思うのですが、
Instagramではそうじゃなくてもいいのかなぁなんて、最近気付きました(遅い(*_*;)


【Before】

この写真を編集し、照明のみ明るくしてSNSで使用しています。
フィルター機能は一切使いません。
フィルターで作品の色味が変わってしまうと、見てくださった方でその商品を気に入ってくださった方にとって、正確な情報で無くなってしまう為です。
明るくするだけで、これはこれでまあまあな画像だと、私は思っています。

 


【After】

こちらかフォトジェニック背景シートを使用して撮影したものです。
一目瞭然ですね~~!

すごく雰囲気出ます。
白の方が作品がはっきり・くっきりと判るものと想像していたのですが、全くそんなことなく、このシートだけでフォトジェニックな1枚が撮影出来ました。
商品名の通り、すごい!!

私が1番驚いたのが、この背景シートで撮影すると、作品の側から照らしている照明の明るさが
勝手にグレードアップして、撮影時にスマホの照明を明るく切り替える必要も、後から編集して明るくする必要もなかったことなんです。


【Before】         【After】

いかがでしょうか?
編集無しでも明るいですし、グレー系の背景でも暗く見えないということは、私が「白」だとはっきり・くっきりだと思っていた・・というのは勝手な想像であったことがわかります(*_*; あらら(笑)..

寄りの写真も、とてもキレイに撮影出来ますね!

 

照明の当たり方で、いつも写真の上下が暗くなってしまうのもネックでしたが、この背景シートで撮影すると、そのムラも感じません^^

 

商品自体はそれなりに美しく撮影出来ていたのですが、1つの写真として総合的に見てみると、まとまりというか、雰囲気の差が明らかです。
今回は特に準備をしなかったのですが、花などの植物を添えても素敵なのが想像出来ますね。

 

 

☆☆☆今回ご紹介の商品はコチラ☆☆☆
フォトジェニック背景シート 3枚セット(ホワイト系・グレー系)


※今回ご紹介の撮影では、グレー系を使用しました。

ストーンや土台をご注文いただいた時にでも、ぜひ一緒に手に取っていただきたいと思いました。
明るさの差異に関しましては、実際にお使いいただく照明にもよると思いますので、そこはご了承くださいませ^^

背景紙があるとフォトジェニックな1枚が撮影出来ますし、これまでのように照明の微調整が必要となったとしても、更に素敵なお写真が撮れると思います♪♪

 

いかがでしたか^^

次回も【decolier】商品ご紹介のブログをどうぞよろしくお願い致します!!

 

Decolier BLOGGER 五十嵐

【商品のご紹介】丸カン付ミール皿ラウンド【12~30mm】(ゴールド・シルバー)

こんにちは!
Decolier スタッフの五十嵐です。

暑い日が続いておりますが、みなさまお元気でお過ごしでしょうか^^

猛暑の記録は毎年更新され、今年に限ってはまだまだお家で過ごす習慣が必要な為
インドアな夏になる方も多いのではないかと思います。

私は家族、特に娘には申し訳ないのですが、家にず~っと居ても全く苦にならないタイプでして・・
というのも、私の育った家庭では父親の仕事柄、休日に家族で出かけるということがかなり少なく
「お出かけは特別」なものだったんです。

その一方で、自分の娘には小さな頃から色々なところに連れて行く経験をさせ、子育ての視点で良い影響になっていることを信じてきました。
自分の幼少を思い出すと、家で過ごしていたことも幸せでしたし、今の社会情勢から考えてみると、娘にも家で過ごすことが楽しいと感じて欲しいですし、【当たり前などない】とシビアな見方も兼ね備えて成長してもらいたいと改めて思っているところです。

暑い夏に、エアコンのきいた涼しい部屋で、カキ氷を食べながらアニメを見る。
2020年の夏休みはこれで良し!
(もちろんモノ作りにも励んでいます!)

 

さて、本日のデコリエブログでは、「丸カン付ミール皿ラウンド【12~30mm】(ゴールド・シルバー)」をご紹介いたします。
最後までお付き合いいただけますと幸いです^^

 

☆☆☆☆☆CHECK☆☆☆☆☆
丸カン付ミール皿ラウンド【12~30mm】(ゴールド・シルバー)/グルー・デコ土台

商品名の通り、丸カンが付いているミール皿土台。溝は浅めなのでグルーデコレーションの他にも
フラットバックのストーンを接着することもOK!
浅めでもしっかりとした溝の淵の為、レジンなどのアクセサリー作りにもオススメです!

今回はこちらを用いて、フリーセッティング技法で作成したオリジナルパーツをネックレスに加工してみたいと思います♪

前回のブログでは、同様の技法でのイヤリングをご紹介しましたが、レシピ付きでは無かったので
今一度みなさまにお伝えしたいと思いまして^^

オリジナルのパーツを使ったアクセサリーが手掛けられると、ハンドメイド作家としてもまたひとつ、幅が広がると思います!
とても簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

↓↓

 

必要なもの:基本セット
グルー:デコリエグルー(ジョンキル)
①パーツ用0.74g
②ミール皿用0.42g
③接着用 適量

土台:丸カン付ミール皿ラウンド【12mm】

ストーン:スワロフスキー®・クリスタル、パールパーツ
①ジョンキル PP6×3粒、PP11×28粒
②お好きなパール 2mm×15粒

 

下絵の花は、内側の丸のところが直径1cmです。前回のイヤリングと同じ下絵を使用しました。
下絵にそって、ジョンキルのグルーをセットします。厚みがあってOKです。
パールを配置する箇所にまで、グルーを伸ばしてください。

 

今回使用したパールは約2mmのものです。
本当はイヤリングと同じ3mmを使用したかったのですが、ちょうど良いカラーが揃っておらず断念・・( ;∀;)
3mmの場合は11粒で1周囲むことが出来ます。
土台が無いので、パールを配置する際にグルーが歪みます。途中でも形を整えながら作業をすると
綺麗に仕上がります。1周埋め終わってからも必ず、形を整えてください。

 

パールの内側はスワロフスキーを配置します。
パールのすぐ横をフレーム埋めしてから、中心に向かってランダムに配置します。
メインはPP11で、小さな隙間にはPP6を使用しました。

 

ストーンの浮きをチェックしたら、24時間硬化させ、ネックレス用のパーツの完成です。
前回、改善の課題となっていたところが解消されて、パールの箇所のグルーが薄くなっているような感じはありませんでした。

この為には、パールの位置までグルーをしっかりセットします!

 

ミール皿を固定し、グルーをセットしたら、パーツとの接着用に小さなお団子状のグルーを適量、ミール皿の中心に置きます。
このようにすると、パーツとミール皿との間に隙間が無く、しっかりと接着することが出来ます。
パーツを乗せたら軽く手で押し付けて、接着が完了です。そのまま24時間硬化させましょう。

 

パーツ作りで24時間硬化、パーツ接着で24時間硬化という、長い道のりもラストを迎えました~!
裏側から見るとこんな感じです!

大きなパーツにしたい時は、想定のパーツの大きさに合ったミール皿をチョイスしてください。
パーツが上記画像くらい、ミール皿からはみ出ることはOKと思うのですが、はみ出る箇所が多い程、そこの強度が弱まってしまい破損の原因となりますので、予めパーツの大きさを決めた上で、ミール皿を用意すると良いと思います。

 

チェーンと組み合わせて、オリジナルネックレスの完成です!

オリジナルパーツも丸型の為、ミール皿と大差無いように感じる部分もありますが・・・
フラワーのイヤリングに合わせて今回は丸型に近いものにさせていただきました。
個人的には土台に無い形、例えば・・フード系など、チャレンジしてみたら楽しいかなぁと思っています^^

 

☆☆☆今回ご紹介の商品はコチラ☆☆☆
丸カン付ミール皿ラウンド【12~30mm】(ゴールド・シルバー)/グルー・デコ土台


※フラワーネックレスは12mmを使用致しました。

ご参考◇ 合わせたネックレスチェーン↓↓↓
≪日本製≫【decolier】ベネシアンチェーンネックレス 45cm (ゴールド・シルバー)/グルー・デコ土台※

 

余談ですが・・・
みなさんは作品のアイデアを絞り出す時、どのように練りますか?
私はアイデアが突如舞い降りて来るということはほとんどなく、いつも「目的」が先にあって、
それからその目的にあったものってどんなんだろ?という考え方で選定していきます。

たまにで良いから、関係の無い時にアイデアがふっと思い付くこともあれば良いのですが・・
本当にそういうことが無くて( ;∀;)
産みの苦しみがいつも隣合わせですが、作品を作り始めるととても楽しくて、完成すると嬉しくて
そんなところがモノづくりに向いているのかなぁなんて思っています。

かなりの余談で申し訳ありません!
機会があれば、みなさんのアイデア閃きの瞬間のことを、ちょっと聞いてみたいですね~。。

 

いかがでしたか^^

次回も【decolier】商品ご紹介のブログをどうぞよろしくお願い致します!!

 

Decolier BLOGGER 五十嵐

【商品のご紹介】皿付イヤリング【9&15mm】(ゴールド・シルバー)

こんにちは!
Decolier スタッフの五十嵐です。

このたびの豪雨災害により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

湿度は高めですが、涼しい日が続きましたね。
今月は、娘が毎週土曜日も登校しており(しかもお弁当持参。。)、何十年ぶり?に
週6登校というものを味わっています。

週休2日にすっかり慣れてしまい、お休みが1日しか無いと、疲れも抜けずなかなかのシンドさです。
今の子供達は、毎日授業も長いので帰りも遅いですし、その上習い事。。。
これだけ頑張って、将来のんび~りと過ごすような大人になってしまったら・・困りますね(笑)

とはいえ、何が正解かわかりません。
私が子供の頃のように、「子供は遊ぶ事が仕事だ!」なんて言ってもらえる方が良い結果に
繋がるかもしれないですしね。

大人も子供も、休める時はしっかり休み、体だけではなく心もリフレッシュさせて
今のこの時期を乗り切って行きましょう!

 

さて、本日のデコリエブログでは、「皿付イヤリング【9mm・15mm】(ゴールド・シルバー)」をご紹介いたします。
最後までお付き合いいただけますと幸いです^^

 

☆☆☆☆☆CHECK☆☆☆☆☆
皿付イヤリング【9mm・15mm】(ゴールド・シルバー)/グルー・デコ土台

お皿に収まる範囲でビジューやスワロフスキーをデコレーションしたり、スワロフスキー以外のアクセサリーパーツを接着して、オリジナルのイヤリングをお作りすることが出来ます。

以前のインスタライブで土台を用いず、24時間硬化させると耐久性バッチリのデコリエグルーで好きな型を作り、そのままそれをブローチ等のパーツにしてしまう、フリーセッティングの技術ライブを行いました!

その時に「イヤリングやピアスのパーツも作ることが出来る?」といったご質問を視聴者様からいただき、私自身未だトライしたことがなかった為に、具体的なお話が申し上げられずでして( ;∀;)
ゴメンナサイ~。。

かなりお待たせしてしまいましたが、この皿付イヤリングに接着するパーツを作ってみました~!

要改良の部分もありますが、そこも合わせてご説明させていただきますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

↓↓

 

必要なもの:基本セット
グルー:デコリエグルー
ストーン:スワロフスキーやパールなどの小さめなパーツ

 

丸い形に整えたグルーの外側位置にパールを並べます。
今回使用したパールは約4~5mmのものです。
イヤリングの皿の大きさを予め確認しておき、そのお皿に接着しても大過ぎない位のパーツを形成していきます。

残った中心のグルーの箇所には、スワロフスキー®・クリスタルのペリドットとジョンキルPP9を用いてみました。

ストーンの浮きをチェックしたら、24時間硬化させ、イヤリング用のパーツの完成です。
若干、パールとグルーの接着が甘くなってしまい、グルーが薄くなってしまったところがあります。
ここが要改良!と思っています。パールが欠落し易くなってしまうので、グルーの厚みを増やすか、もう少しグルーを広げて、その内側をデコレーションすると改善されます!

 

イヤリング金具とパーツの接着は、デコリエグルーでもOK!
今回は多用途接着剤で、くっ付けてみようと思います。

つまようじや竹串などで接着剤を少し取り、金具の方に接着剤をつけて、パーツと合わせます。
パーツが壊れないように、軽く押し付けて硬化させましょう。

 

 

約19mmのフラワーパーツが可愛い、オリジナルイヤリングの完成です!

皿よりもパーツの方が大きいので、パーツに強い衝撃を与えてしまうと、グルーが割れてしまうので、他のアクセサリー同様優しくお取り扱いいただくことをオススメ致します^^

スター型は難易度高めですが、♡型は簡単にお作り出来そうですよ!

フリーセッティングのパーツを作り、次はネックレスを制作してみようと思います^^
今回はテスト的なところもありましたので、次回は材料の詳細などもお伝えする、正式なレシピ形式で掲載致しますね!!

 

☆☆☆今回ご紹介の商品はコチラ☆☆☆
皿付イヤリング【9mm・15mm】(ゴールド・シルバー)/グルー・デコ土台


※フラワーイヤリングは9mmの方を使用致しました。

私のワガママでデコレーションパターンを2つ見てみたかったので、アシンメトリーなイヤリングになりましたが、両耳分お色を揃えてぜひ作ってみてください^^
(私はアシンメトリーで着けちゃう派ですが!)

 

いかがでしたか^^

次回も【decolier】商品ご紹介のブログをどうぞよろしくお願い致します!!

 

Decolier BLOGGER 五十嵐